01_PXL_20220228_100532676.MP

プロローグ〜歌を聴いて楽しむこと、歌を聴かせて楽しむこと。見せる術を知っているからこそ輝くのかも!?

セクシー女優さんの歌手活動は、コロナ禍前はかなりたくさんの場所で行われていました。普段見せているSEXを中心とした姿だったり、トークイベントなどで下ネタをしゃべっている姿とは、まるで違う姿でした。それが望まれているかどうかで考えると、会場に集まっているファンからは、「真面目に歌って踊る姿が望ましい」ということ。

反面、「セクシー女優が歌っているのを聴いて何になるの?」なんていう声もありました。確かに彼女たちが望まれている姿ではない部分に対して、啓蒙する姿勢を見せない人間がいるのは当たり前。「だってAVに出ている姿に価値があるんだから」ということですね。それもまた正しい意見かもしれません。

たくさん開催されていくうちに、気がついたことがありました。「やっぱり真剣かつ上手な人が人気があるな」ということです。もともとの人気だけでなく、プラスαがあるからこそ、価値が出てくるのだなと気づくわけです。どれだけ歌が好きだとしても、やはりちゃんと練習をしている人でないと、聴いていて楽しくはならないのです。可愛らしさとか、可愛い格好とかドレスとかを見れてキュンとしたなんていうのは、ほんの一部の人たちだったわけです。

そしてコロナ禍に入り、ライブは減少します。いわゆる本業にしている人たちですら、開催できないわけですから、アマチュアとでもいうしかないレベルなセクシー女優のライブは減少します。人との接触によって本業がアウトになる可能性すらあるわけで、そこには仕方がない事情が重なっていました。

そこから2年が経過して、ライブに関しては行政指針のようなものが発表されたことにかなり頻繁に開催されるようになりました。同じようにセクシー女優のライブも開催が復活するわけです。

昔との違いは、未だに声が出せないこと。観客同士がディスタンスをキープしなければならないこと。これはコロナ禍前からすれば、とてもライブとは思えないことではありますが、見れないよりはましとばかりに納得しているようです。

そしてそこに新しいライブアイテムとして、「配信ライブ」というのが登場しました。当初は苦肉の策でしたし、「このレベルかよ!?」みたいなライブもありました。いわゆる定点カメラが数台置かれて、スイッチングするだけという感じ。逆に予算があるアーティストは、ライブDVDと変わらないレベルで、リアルタイムにスイッチング行うことにより、さらに興奮させるという感じ。前者はほぼ壊滅しましたし、後者ができないならば配信は行わない方が良いという結論も出ています。

カメラの切り替えがあり、ライブが映像化した際、セクシー女優たちのライブは、輝きを増すようになりました。いわゆるカメラありきの演出を知っている女子たちだったということです。もちろん、歌手として緊張をしてしまうなんてことはあるでしょうけれど、表現スキルがもの凄いあることに気づくわけです。

それに気づくようになったのは、今回の記事のライブである、「月で逢いましょう」です。セクシー女優プラス生キーボード&ギター&コーラス。楽器が少なければボーカルに対する負担は大きくなるのは誰でもわかることですが、それを跳ね返すどころか、上の上をいくレベルのセクシー女優の表現力でした。

いち早く、普通のライブから、「配信ライブがメイン。観客は、『配信ライブを生観戦できる』というスタンスにした「月で逢いましょう」ライブ。毎月、数多くのセクシー女優たちがライブを行なっています。

主催しているミルジェネ公式Twitter経由で、ライブが発表されていますので、この記事を読み終えて、1ミリでも興味を持ったならば、ぜひ配信を観ていただきたい。そこにはセクシー女優が、楽しそうに、世界を構築し、歌っている姿がありますから。
02_PXL_20220303_101111873.MP

03_PXL_20220228_101913223


2月28日午後7時会場=三軒茶屋グレープフルーツムーン「本庄鈴」ライブ登場。

04_PXL_20220228_101404089.MP

日本人なら誰でも一度は聴いたことのあるピアノイントロ。「赤いスイートピー」からスタートした本庄鈴ちゃんのライブ。ナチュラルな歌声は、彼女のルックスと相まって、最初から感動で心を揺さぶられるスタート。本家は、可愛らしいだけだった声を、この楽曲からハスキーな感じを加えることで、新たなる一面を出したわけですが、鈴ちゃんの場合、もっとナチュラルな感じ。

春先の海辺を連想させるのがオリジナルだとしたら、山の中にある無人駅にいるカップルという映像が浮かんできました。初めて彼女の歌っている姿を観た時は、声は素晴らしいノイズレストーン。だけど緊張のあまり動けない状況だったのですが、最初からゆったりとして、リラックスした笑顔を見せてくれました。本人はちゃんと緊張していたとのことですが、緊張しないライブステージなんて、観る側に伝わりませんからね。

畳み掛けるように、ユーミン節を連続する鈴ちゃん。「やさしさに包まれたなら」と続きます。鈴ちゃんの素晴らしいポイントは、懐かしい楽曲を歌っているのですが、それがちゃんと21世紀の本庄鈴の歌になっているところでしょう。そして、その後も、20世紀後半の音楽シーンの佳曲なれど、本庄鈴の世界として彩られたステージになっていました。

05_PXL_20220228_103038953
鈴ちゃんの歌う楽曲がいいから観るという視点ももちろんありです。懐かしい楽曲が登場するのは、ファンが喜ぶのはどんな曲なのかを意識したところにあるわけです。その分、ハードルは上がりますよね。自分が聴いてきた楽曲ではない曲もセットリストに混じりますから。

彼女が凄いと思えるのは、この部分です。自分の楽曲として昇華するまでちゃんと練習をしてきたことが窺えるレベルになっているのです。20歳過ぎると、なんとなく覚えたらあとはなんとなく処理しちゃおう的なことが人間起こりますよね。不誠実というなかれ、誰でも持っている部分ですから。そこに陥らないで、一定以上を作り上げる鈴ちゃん。それこそ彼女にとっての本業ではないわけです。

セクシー女優が歌う理由なんて、それぞれがそれぞれの矜恃を持っていればいい。そこをとやかくいう必要なんてないのです。しかし鈴ちゃんくらいに、誠実かつ美しい硝子玉のような世界を構築してくれる人のライブは、聴いて観た方が人生にとってお得でしょう。

ライブエンドに選ばれた楽曲は、「Time goes by」。アンコールエンドに選ばれた楽曲は、「愛が勝つ」。これ以外にも前を向いている世界がここにはあります。そして何よりも笑顔を振りまいて、配信から会場まで、観ているファンたちに誠実に向き合っているのが感動的なのです。

満面の笑顔で楽しげな雰囲気で歌ったり、楽曲の世界観にはめ込んで、ムードあるトーンで引っ張ったりと、鈴ちゃんのその瞬間に立ち会った人は、彼女が思い出の中の彼女として存在するようになるかもしれません。そしてそれは、聴いた人の特権でしょうね。思い出は時間が経てばさらに膨らむことでしょう。

そんなタイムマシンのような要素を含めつつも、リアルな時間を歌っている鈴ちゃんは、ただの思い出にはならないようです。もっと強い記憶を残してくれます。歌が上手である、表現力が長けているなど、褒める要素はたっぷり持っている鈴ちゃんなのですが、本人が好きと言っていた映画「楽園」の主題歌である「一縷」を歌う前MCにて、「素敵な比喩表現があるので、ライブ後に歌詞も見てください」というコメントから、楽曲の世界観を本人的に消化して、構築して昇華させているんだなということがわかります。
06_PXL_20220228_104733950

いかにこの日のライブにおいて凄かったのは、バックメンバーである、キーボードの平方玄さん、ギターの福田正人さんとの絡み方です。徐々にシンクロ度がアップしていく。トリオとして機能していく雰囲気。熱量がどんどんお互いに影響されあって盛り上がるという理想的なライブとなったのです。

 

誠実さは彼女が表現しているものには、全て出ています。表層な世界だけをどうしても観てしまうAV業界なのですが、本庄鈴ちゃんは、もっと深いところに意識をおいて活動していることが伝わります。

 

本庄鈴の作る快楽な世界に包まれるためにも、次回ライブは観ないといけませんね。

07_PXL_20220228_105601488

2月28日「月で逢いましょう・本庄鈴」セットリスト
1.赤いスイートピー/松田聖子
2.やさしさに包まれたなら/荒井由実
3.Hello,Again〜昔からある場所〜/MY Little Lover
4.カブトムシ/aiko
5.一縷/上白石萌音
6.踊り子/vaundy
7.Time goes by/Every Little Thing
EN1.残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
EN2.愛は勝つ/KAN

3月3日午後7時会場=三軒茶屋グレープフルーツムーン「青空ひかり」ライブ登場。

10_PXL_20220303_100658581

「予想できる未来世界と、予想できない未来世界。どちらをあなたは選びますか?」。そんな禅問答のようなことを問いたくなるのが、ぴかキンこと青空ひかりちゃんのライブです。観た人は、想像以上に良い方向で裏切られることでしょう。

 

可愛い楽曲を選びそうと思ったら大間違いで、誰もが「懐かしい!」とか、「ああ、好きだった!」と言いたくなるであろう楽曲を選曲してくるのです。これはひかりちゃんが、エンタメであることを、人を楽しませることとして認識しているからではないでしょうか。

 

もっともっと単純に、自分が楽しい世界を提示したとしても、ファンは何も疑問に思わないでしょう。彼女が生まれる前の楽曲で占められ世界ですが、本人は、「昔から好きだった」と言っているわけですから、無理に合わせているわけではありません。とはいえ、彼女の持つエンタメ心とか、人に見せたり聴かせたりしたい世界があるのでしょう。

 

キーボード&アコースティックギターでバッキングを構築されていますから、「バラード」だと思いがちなのですが、セットリストを見ればわかるように、決してバラードで構成された世界ではないのです。
11_PXL_20220303_103355232.PORTRAIT

これはなんだろうかと考えると、「青空ひかりの脳内世界」を、楽曲として提示しているというなのです。セクシー女優としての仕事も、ライブも、彼女は、独特の世界を作り上げます。本人は至ってひょうきん過ぎる性格なのですが(楽屋から溢れ出る笑い声が、いろいろな出演者に比べて格段にでかいww)、配信ステージとかDVDに映っている彼女は、とても背の高い雰囲気の美女です。

 

実際はとても背は低いひかりちゃんですが、プロポーションが良いということでしょう。それ以上に、こちらに見せてくれる世界の完成度が素晴らしいということなのです。
12_PXL_20220303_104007155.MP

ひかりちゃんのライブに関していえることとして、昭和的な歌声であるということも大きなキーポイントです。可愛らしい声では歌いこなせない楽曲が多いわけです。昭和から平成の初期、20世紀において、歌の力は今とは規模が違いました。伝えるパワーがそれぞれに強いといって過言ではない。

 

そこを単純に、好きだからで歌ってしまうと、スナックのカラオケになってしまうのですが、それをステージとして作っているのは、ひかりちゃんの歌声なのです。「駅」でも、「なごり雪」でも、「嵐の素顔」でも、「M」でも、その歌を聴いた時に感じるのは、それぞれの記憶でしょう。「サヨナラ」なんて、典型的だと思います。

 

そういう記憶に飲み込まれることなく……いや、ちゃんと記憶が蘇りつつも、オリジナルとしてステージ上に登場させた素晴らしさ。練習するというのは簡単に書けることですが、自分の歌とするには、どのぐらいかかるのかということです。

 

「歌が上手いね」とは褒め言葉ですけど、その裏側にどんなことをしているのか。歌詞を理解する、メロディをちゃんとオリジナルでちゃんと聴く。意外と曖昧な人、多いですからね。音楽が難しいところです。何度も聴いた方が、数回歌うよりもかなり上手になるということ。何事も反復するのは重要ですよね。

 

色気の塊のような声質を持っているひかりちゃん。特に高音部とか低音部とか、極端なところに入った時の爆発力は素晴らしいです。引き込まれていくのがわかるはず。これはリアルなライブだけでなく、配信であったとしても同じことでしょう。もちろん「リアルに会いたい」という気持ちは理解した上で、配信もいかがですかと書いております。

 

「ラブ・イズ・オーヴァー」での強い女性の思いが伝わる歌い方。アンコール1曲目で披露された「プレイバック Part 2」もまた、強い女性の思いを伝えているわけです。

 

ひかりちゃんは、ファンのみなさんを楽しませつつも、自分で思っている女子像を歌で描いていることが理解できると思います。とても演劇的な女優さんだというのが理解していただけましたでしょうか。AVにおいて「演劇的」と表記すると、「作られた世界」的に解釈されてしまうのですが、男女の世界観って、そういう上で成り立つことで、大いなるハッピーを得ることができますからね。頑固な考えは、ひかりちゃんの歌声を聴いて、この際捨てましょう。

 

可愛かったりセクシーだったり、万華鏡のような表情と、安定しつつも刺激的なトーンのボーカル。一度でも聴いたならば、あなたの中に「青空ひかりの世界」が作られること間違いないでしょう。それを思い出し、ハッピーになれる空間が持てるのです。
13_PXL_20220303_102358750

3月3日「月で逢いましょう・青空ひかり」セットリスト
1.魂のルフラン/高橋洋子
2.サヨナラ/GAO
3.駅/竹内まりや
4.なごり雪/イルカ
5.嵐の素顔/工藤静香
6.ラブ・イズ・オーヴァー/欧陽菲菲
7.M/PRINCESS PRINCESS
EN1.プレイバック Part 2/山口百恵
EN2.生きてこそ/Kiroro

14_PXL_20220303_105017678.MP - コピー

15_PXL_20220303_105346805.MP - コピー


エピローグ〜セクシー女優が作り出した新しく楽しい地平線を、あなたも楽しみませんか?〜自分自身を反映させているからこそ感動が誕生するのです

セクシー女優に対する偏見というのは無くなることはないでしょう。ファンだった人がある日突然、反対側の人になってしまうこともあります。これはエンタメの世界にはよくあることではありますね。なぜならば、一度、放出してしまうと、その世界は本人ではなくて、受け止めた側のものになるからです。

 

セクシー女優とは、まさにこの典型です。観る側の受け止め方は、それぞれに違います。「やっている内容は同じなんだから」なんて簡単にいう人は、あまりAVをちゃんと観ていない。同じような台本を使っていても、こんなにも違ってしまうのかと思うほどです。

 

それぞれがそれぞれの解釈で観ている世界。そしてカバーソングを歌うセクシー女優は、自由に観ることができるようになるために、簡単には終わらせることなく、様々な努力を重ね、しっかりとしたレベルのステージをそれぞれに作ってくれる。ステージ上の自由は、出演しているアーティストの特権ですが、それもまた観ている観客によって、同じものでも違うものに見えてくるのです。

 

本庄鈴ちゃんも、青空ひかりちゃんも、とても楽しそうなステージを作ってくれました。自分を観てくれる人たちが、さらに解釈をしてもらえるように、新しい世界を提示してくれました。

 

セクシー女優がAVだけではない世界を見せること。それはかなり重要なものになってきています。セクシー女優がエンタメの枠に入っているからこそです。エンタメの中でも、かなり単純な解釈しかしてもらえないような世界に存在している彼女たち。だからこそ、セクシー女優たちは、自分だけでなく、自分の周囲の世界全てが良い世界に見えるように動いているわけです。

 

彼女たち自身が考えてた世界は、とても美しい世界でした。歌をただ歌うというものではない。自分のこれまでの人生がちゃんと反映されている世界でした。だからこそ感動を呼ぶのです。偏見があることなんて、本人たちは知っているわけです。それよりも、前向きに、自分が作り上げた世界を、もっといろいろな人と分かち合いたいと思っているのでしょう。

 

鈴ちゃんもひかりちゃんも、またライブ活動があると思います。その際に、あなたも彼女たちの作る世界の住人となるべく、ライブ参戦しませんか。そしてライブ「月で逢いましょう」は、配信用にミックスされた音と、素晴らしいカメラワークが準備されています。

 

「月で逢いましょう」ライブは、ライブポケット(https://t.livepocket.jp)の検索に「ミルジェネ」と入れれば出てきますので、ぜひどうぞご観覧くださいませ。

 

「あなたも月で逢いませんか?」
16_PXL_20220303_101808024.MP

17_PXL_20220228_103541417

記事=麻雅庵